交通事故の示談の意味

お互いの和解は交通事故の示談の目的です。お互いに譲歩することにより、争いを止めることが最終のゴールとなります。和解が成立すれば、示談書と呼ばれる和解契約書が作成されるのが一般的です。示談書には、その条件が記載されています。補償金の支払額から支払方法、支払い期限なども、示談書に記されているわけです。

示談が成立すれば、追加請求は難しくなります。一度決まったことを覆すのも難しいため、示談には慎重に対応する必要があるのです。法的な効力も強く、示談を覆したくて裁判などを行ったときにも示談書は貴重な証拠とされます。紙切れ一枚のことなどと侮らず、細部にまで目配りして契約に漕ぎ着ける姿勢が大切です。望まない条件にうっかりサインして、後悔するような結果にならないように注意しましょう。

交通事故被害では、加害者側の保険会社が提示する慰謝料額が極端に少ないと感じられがちです。理由は、保険会社が提示するのは、3つある基準のうち、最も低い基準で慰謝料額を算出しているためです。鵜呑みにしてしまうと、損をすることもあります。法律に詳しい弁護士の中でも、交通事故被害の示談交渉に長けた弁護士に相談してみることをおすすめします。

参考HP⇒交通事故被害者救済サイト
交通事故の示談相談依頼を受け付けています。