保険会社との示談交渉

ひと通り交通事故の整理が終わったあとは、加害者との示談が始まります。多くの場合は、加害者と被害者が加入する保険会社同士が示談交渉を行うのです。しかし、保険に加入していない場合は、被害者が加害者の保険会社と直接的に示談交渉をすることにもなります。保険会社は示談交渉に巧みですから、被害者側に不利な示談交渉が成立してしまう可能性もあります。

不利な示談交渉が成立してしまう前に何とかしたい場合は、交通事故処理に実績のある弁護士に相談する方法があります。示談交渉に慣れている保険会社の担当にとっても、弁護士は手強い存在です。示談交渉がスタートした段階でもよいので、弁護士に相談することを検討してみましょう。弁護士への相談が遅すぎるということはなく、あきらめないのが肝心です。

保険会社からすれば、加害者の保険を少しでも使わせないようにと考えるものです。そのためには、被害者に損害賠償金があまり支払われない必要があります。ビジネスですから、保険会社も真剣です。交通事故の被害に遭った被害者に同情するだろうというような甘い考えでいては、不利な状況を押し付けられかねません。覚悟の上で自分で示談交渉をするか、示談交渉に慣れた弁護士に依頼をするか、2つに1つの選択肢です。